仔猫へのエサの与え方。エサの種類についても紹介します!
出典 : Irina Kozorog/Shutterstock.com

仔猫へのエサの与え方。エサの種類についても紹介します!

仔猫を家に迎え入れたら、その可愛さにメロメロになってしまいますよね。長く一緒に暮らしていくために、しっかり育てていきたい。そのために大切なことの一つに食事があります 。ここでは、仔猫へのエサの与え方について紹介していきます。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:電話どうぶつ病院Anicli(アニクリ)24 三宅亜希院長

仔猫へのエサの与え方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 MNStudio/Shutterstock.com

猫種によって異なりますが、一般的に仔猫は1歳を迎えるまでに大人の猫として成長するため、生まれてからたった1年で体重が20~40倍にもなります。つまり、仔猫の間は、その後の生活を全うするための、カラダづくりの時期ということです。ですから、飼い主としてしっかりした知識を持って、向き合ってあげることが大切です。

授乳期(~生後3週間)

生後3週間くらいまでの仔猫は、いわゆる「授乳期」です。高脂肪・高タンパクで、栄養豊富な母猫の母乳、もしくは仔猫用ミルクのみで育てましょう。もし、近くに母猫がいる場合は、なるべく母乳を飲ませてください。母乳には、細菌やウイルスから仔猫を守る効果がある免疫を与えてくれるからです。

仔猫を拾ったり、誰かから譲り受けたりして、母猫がいない場合も、仔猫用のミルクで代用することができますので、安心してください。その場合は、仔猫用の哺乳瓶を用意し、ミルクを人肌程度に温めて与えてあげましょう。
牛乳は仔猫用ミルクの代用になりません。成分を分解できず、仔猫が下痢を起こすおそれがあるため、与えないようにしましょう。

離乳期(生後1ヶ月前後~2ヶ月)

生後3週間が過ぎた頃から、仔猫には乳歯が生え始め、ミルク以外の食べ物に興味を示し始めます。この時期は「離乳期」にあたるので、ミルクから、少しずつフードと水へとシフトさせていきましょう。

とはいえ、仔猫はこれまでミルクしか口にしたことがないので、やわらかく飲み込みやすい離乳食を用意しましょう。とてもやわらかくて食べやすい仔猫用のウェットフードか、もしくは、ドライフードをお湯でふやかしてあげると、仔猫でも食べやすくなります。生後8週間頃までは、今まで飲んでいたミルクを混ぜてあげると、抵抗なく食べてくれることが多いです。

この頃から、水だけを入れた容器も置くようにしましょう。離乳食には水分がたくさん含まれているので、あまり水単体では飲まないかもしれませんが、まずは水を飲むことに慣れさせることが重要です。

離乳後(生後8週間~)

生後8週間を過ぎれば、もう仔猫用ミルクと混ぜてあげる必要はほとんどありません。仔猫用のドライフードをお湯でふやかしたものや、仔猫用ウェットフードを与え始めましょう。ドライフードを与える場合は、1ヶ月ほどかけて少しずつふやかす時間を減らし、固い食べ物に慣れていってもらいます。

エサの回数

離乳期に入った頃から、仔猫の食欲は日に日に旺盛になっていきます。ただ、仔猫の胃袋とても小さいので、一度にたくさんの量を食べることができません。生後3ヶ月くらいまでは、1日5~6回に分けてエサを与えましょう。

仔猫が1日必要量をきちんと食べきれるのであれば、生後3~4ヶ月くらいからは1日2~3回でも大丈夫です。ただ、猫は少量ずつちょこちょこ食べるのがカラダに合っている動物なので、可能であれば5~6回などに分けてあげましょう。

仔猫のエサの種類

猫のエサは、大きく分けて2種類あります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、その特徴をしっかり理解しておきましょう。

ドライフード

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Africa Studio/Shutterstock.com

ドライフードは、固形で乾燥させたタイプのエサです。猫の栄養をしっかり摂れるものを選びましょう。

ドライフードのメリット

●日持ちする
●歯垢が付きにくいタイプのものもある
●置きエサができる
●ウェットフードに比べると安い
●口周りが汚れにくい

ドライフードのデメリット

●水分が少ない

ウェットフード

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 6493866629/Shutterstock.com

ドライフートとは対照的に、水分を豊富に含んだタイプのフードです。

ウェットフードのメリット

●食事で水分補給ができる
●栄養バランスが自然の食事に近い

ウェットフードのデメリット

●食べかすが歯に残り、歯垢や歯石の原因になりやすい
●ドライフードに比べてコストがかかる
●置きエサに向かない

生後1年が経つまでは、仔猫にとって大切な成長期です。この時期の食事は将来の健康にも大きく影響するので、正しい知識を持って、しっかり食事管理をしましょう。

内容について報告する