イタリアン・グレーハウンドってどんな犬? 歴史や体の特徴について

細く引き締まった体躯につぶらな瞳が愛らしいイタリアン・グレーハウンド。知名度はそこまで高くありませんが、愛好家からは「イタグレ」と呼ばれ愛される犬種です。イタリアン・グレーハウンドの歴史や特徴についてみていくことにしましょう。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

イタリアン・グレーハウンドの歴史

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Linn Currie/Shutterstock.com

イタリアン・グレーハウンドの祖先はグレーハウンドであるといわれていますが、その出自については諸説あり、現在でもはっきりわかってはいません。ただし、数千年前の古代エジプトの壁画によく似た犬が描かれていること、その時代のものであると思われる犬のミイラがイタリアン・グレーハウンドに極めて似ていることなどから、その起源は古いと考えられています。

エジプトからトルコ、ギリシアに入り、紀元前5世紀頃のローマでは上流階級のペットとして飼育されていました。その後、16世紀のイタリアを中心とした南ヨーロッパなどで大変な人気を博していたようで、「イタリア・ルネッサンスの誇り」と呼ばれるほどでした。とくに現在では、各国の王族が好んで飼っており、世界中で人気犬種として認知されています。日本に入ってきたのも案外古く江戸時代といわれている程ですので、昔から様々な国で人間の生活に寄り添ってきたことがわかります。

イタリアン・グレーハウンドは、18世紀から19世紀頃に小型化するために無理な交配を繰り返し、第二次世界大戦後には、イギリスからいなくなってしまったのではないかといわれるほど数が減少してしまいました。ただ、幸いにも1800年にアメリカへと持ち込まれていたこの犬種は絶滅を逃れ、ヨーロッパで復活を果たし、再度人気を誇る犬種へとなっていったのでした。

イタリアン・グレーハウンドの体の特徴

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Soloviov Vadym/Shutterstock.com

イタリアン・グレーハウンドの体は細く引き締まっており、四肢も長いのが特徴です。気品あふれる雰囲気を感じますし、昔の王族が好んだこともうなずけます。成犬時の体重が5㎏から10㎏には満たない小型犬の部類に入ります。

先述したとおり、祖先はグレーハウンドといわれていて、サイトハウンド系に属していますが、実際に狩りに使われることはなく、昔から愛玩犬としての役割を果たしてきました。しかしその跳躍力や俊敏性は健在で、サイトハウンド系の犬種に見られるダブルサスペンションギャロップという前足と後ろ足を揃え、背中の筋肉を使って跳ねるように美しく速く走ることができます。ハウンドとしての気質や本能は失っていないので、目の前に走る獲物を見つけると追跡することもしばしばです。ドッグランなどでは注意が必要です。

被毛については、大変短くつややかで光沢があるので、とても美しいのが特徴です。色はブラック、グレー、イザベラ(ペールイエローに近いベージュ)、フォーン、レッドなどがあります。

イタリアン・グレーハウンドの顔の特徴

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Rin Seiko/Shutterstock.com

イタリアン・グレーハウンドは頭がフラットなのに対して、顔は長めの長頭種に分類されます。これも優雅な雰囲気を醸し出す一因となっていると思います。耳の形にも特徴があり、「フライング・イヤー」「プロペラ・イヤー」と呼ばれるように、立ち耳で水平に広がっています。見かけによらず吠え声が大きいのもイタリアン・グレーハウンドならではでしょう。ただし無駄吠えは少ないので、家に迎え入れやすい犬種なのではないでしょうか。

見た目の可憐さとカッコよさを兼ね備えるイタリアン・グレーハウンド。しっかりと向き合ってあげれば共に暮らすパートナーとして適している犬であることは間違いないでしょう。そのルーツや特徴をよく理解してから飼うことを決めましょう。そうすればより深い絆を築くことができるはずです。

内容について報告する