猫を自撮り風で撮影したい! 可愛く撮影する3つの方法について
出典 : The Len/Shutterstock.com

猫を自撮り風で撮影したい! 可愛く撮影する3つの方法について

スマホ文化のひとつとしてすっかり定着した「自撮り」ですが、猫の自撮り風写真が最近流行の兆しをみせています。猫の自撮り風写真とは、猫がまるで自撮りしているかのように見える写真のこと。工夫次第で、おちゃめでちょっと笑える楽しい写真を撮ることができますよ。

  • サムネイル: 富士男
  • 更新日:

猫の自撮り風写真を上手に撮影するコツ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 ChutipongK/Shutterstock.com

猫はあまりカメラ目線が得意ではない生き物です。これは、猫がカメラのシャッター音やフラッシュを負担に感じたり、カメラのレンズを向けられると敵の目ににらまれているように感じてしまうためと考えられています。したがって、普通に写真を撮ろうと思っても、なかなか思うように撮らせてくれない子も多いですよね。そんな写真が苦手な猫に、自撮り風の写真を撮らせてもらうにはどんな工夫をすればよいのでしょうか。

自撮り風の写真を撮るには、猫の手がスマホの方に向かって伸びていることが必須条件です。お気に入りのおもちゃやおやつをスマホの後ろ側で動かして猫の注意をひきつけ、猫が手を伸ばした瞬間にシャッターを切ることで、自撮り風の写真が撮れます。

ただし、猫がおもちゃやおやつに勢いよく飛びかかっている瞬間は写真がブレやすいため、きちんと撮影できるかどうかは運次第です。写真ではなくムービーで撮影し、ナイスショットな瞬間をスクリーンショットで切り取って写真のようにするのもおすすめです。また、猫は基本的に飽きっぽい動物です。何度も撮影を繰り返しているうちに、飽きて興味を失ってしまうこともあるので、時間との勝負でもあります。

第二のコツとして、猫が手を伸ばした姿勢で寝転がっている時に、手の付近にスマホを配置して写真を撮るという技もあります。この方法なら猫は落ち着いているので、写真がブレてしまうこともありません。ただし、気持ちよく寝ている時に邪魔をして、猫の機嫌を損ねてしまわないようご注意を。

アプリを使って自撮り!

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Pierre Aden/Shutterstock.com

上で紹介した方法で猫の自撮り写真を撮るのは、タイミングや運の問題もあってなかなか難しそうですよね。そこでおすすめなのが、スマホの猫用自撮りアプリです。このアプリを利用すれば簡単に撮影できるので、興味のある飼い主は調べてみてはいかがでしょうか。

猫用自撮りアプリでは、スマホの画面上で虫やネズミのような猫の好む画像が飛び回り、猫が手を伸ばして画面にタッチした瞬間に、インカメラ(自撮り用レンズ)で撮影する仕組みになっています。動き回る獲物の映像に興味をそそられ、普段とは違ったハンターの表情を見せてくれるかもしれませんね。

また、自撮りアプリとは少し違いますが、猫をカメラ目線で撮影するためのカメラアプリもあります。こういったアプリでは撮影の直前にスマホから猫の鳴き声が流れ、猫が気になってスマホの方に目を向けた瞬間にシャッターが下ります。なかなかカメラ目線を向けてくれない猫の姿を可愛く写真に残すには、こういったアプリを活用してみるとよいでしょう。

また、自撮り風写真に限らず全ての写真について言えることですが、猫を撮影する時はフラッシュの使用は厳禁です。猫は暗闇の中でもよく見えるほど高性能な目を持っています。そんな繊細な目に強烈なフラッシュの光を当てると、目の網膜に大きな負担がかかるだけでなく、強い光を見てしまったことにより脳が刺激を受け、失神やけいれんなどの症状を引き起こす可能性もあります。

猫の自撮り風写真を摂るのは簡単ではありませんが、その分うまく撮れた時の喜びはひとしおです。上手に撮れれば、可愛いだけではなく、思わずフフッと笑いがこぼれてしまうような写真になることも。大切な愛猫の姿を大切な思い出として残すためにも、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

内容について報告する