猫の痔 考えられる原因や症状、治療法と予防法
出典 : MelodicinD/Shutterstock.com

猫の痔 考えられる原因や症状、治療法と予防法

痔は人間だけではなく、猫もなってしまうことがある病気です。では、猫の痔にはどのようなものがあるのでしょうか。猫の痔の種類や原因、治療法について解説します。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:ますだ動物クリニック 増田国充院長

痔の症状

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Cozy nook/Shutterstock.com

猫が患う痔には、「切れ痔」「痔ろう」の2種類があります。猫が肛門から出血している時や、血便が出た時、もしくは肛門周りをしきりに気にしている時は、痔を患っている可能性があります。また、血便については痔以外の病気の可能性もあるので、獣医師の診断を仰ぎましょう。

切れ痔

排便の際、肛門に裂傷や擦り傷を負ってしまうことがあります。これが切れ痔です。病気というよりもケガに近い状態といえるでしょう。とくに、便秘の時は切れ痔になりやすいので注意が必要です。

痔ろう

肛門嚢炎ともいわれており、肛門周辺にある肛門嚢に炎症が起きた状態をいいます。症状が悪化すると、肛門近くの皮膚に穴が開き、肛門嚢にたまった膿がその穴から出てくることがあります。

痔の原因

猫が痔になってしまうおもな原因は、便秘と下痢(軟便を含む)によるものと考えられています。便秘により、腸内に長時間とどまって硬くなった便が、排便時に肛門の周辺を傷つけてしまうのです。また、下痢や軟便の猫の場合、便が肛門嚢に入り込み、細菌が繁殖することで発症する場合があります。炎症が起きた後、肛門嚢内にたまった膿が排出されるようになることで、痔の症状が現れます。

痔の治療方法

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 NEstudio/Shutterstock.com

猫が肛門から出血したり、血便が出たりした時は、動物病院へ連れていき獣医師の診断を仰ぎましょう。人間用の薬を与えるとよいなどの情報もありますが、痔以外の病気の可能性も考えられるので、まずは病院で確実に診断してもらいましょう。

切れ痔も痔ろうも、症状が重い場合は外科手術が必要になるケースもあります。

痔の予防方法

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 6493866629/Shutterstock.com

猫が痔になるのを防ぐためには、便秘や下痢の予防に努めることが肝心です。

まずは便秘の予防として、食生活の改善に取り組みましょう。もっとも重要なのは、猫に充分な水分を摂らせることです。ただし、猫はもともとあまり水を飲まない動物なので、ドライフードをウェットフードに変える、ドライフードをお湯でふやかすなどして、食事をしながら水分補給ができるように工夫してください。

また、フードを高繊維のものに変更するのも効果的です。ただ、猫が素直に食べてくれるとは限らないので、まずは動物病院で相談し、サンプルをもらって試してみるのがいいでしょう。

食事以外では、よく運動させることで腸の動きがスムーズになります。猫じゃらしやキャットタワーなどを使い、意識的にカラダを動かす時間を作りましょう。また、猫のお腹をやさしくマッサージするのもおすすめです。やさしく撫でる程度でも体温が上がり、腸の動きが活発になるので、猫とスキンシップをはかる際にはぜひ試してみてください。

下痢を予防するためには、刺激の少ないフードに切り替えたり、食事量を少し減らして腸を休ませたりすることが効果的です。一過性の下痢の場合は、この方法でほとんどが改善されるでしょう。

もし、それでも効果がない場合は、何かしらの病気を患っている可能性があります。動物病院で受診し、下痢の原因となっている病気の治療を優先させましょう。

猫の痔は、生活習慣を改善することで防ぐことができます。猫の健康を守るため、適切な食事と運動を心がけましょう。それでも、肛門からの出血や血便などの症状がみられた場合は、速やかに動物病院へ連れていきましょう。

内容について報告する