7ヶ月の猫、餌の量はどのくらい与えればいいのかな?

7ヶ月の猫、餌の量はどのくらい与えればいいのかな?

生後7ヶ月の猫はどれぐらい餌をあげればいいのでしょう? 猫も7ヶ月がたつと体格は大人の猫と変わらなくなってきて、餌の量についても迷うことが多くなりますよね。今回は生後7ヶ月の猫のご飯の量についての記事をまとめてみました!!

  • サムネイル: 飯島 じますけ
  • 更新日:

もくじ

◆生後7ヶ月の子猫のご飯の与え方
◆生後7ヶ月の子猫ご飯の量
◆生後7ヶ月の子猫のご飯の回数

7ヶ月もたつとすっかり大きく成長する猫。もはや成長しきったと思って大人用のご飯を与えるのは間違い? 7ヶ月の猫ちゃんのご飯の量はどのくらいなのでしょうか。

◆生後7ヶ月の子猫のご飯の与え方

7ヶ月の猫は成長期も終わりかけ、ほとんど成猫と言ってもいいくらいの大きさに成長します。そろそろ与える餌を成猫用にしたり、低カロリーを心がけないと太ってしまうのでは? という疑問が湧いてもおかしくありません。

■肥満の心配よりも丈夫な骨格形成を優先する。

子猫の時期は、基本的にはダイエットよりも体を作ることを優先し、食事はしっかり取らせるようにしましょう。この時期に標準より多少太り気味になっても、ダイエットは成猫になってからエサの量を調節することで可能です。

見た目は大人の猫とは変わらないほどになっても、身体はまだ子猫。10ヶ月くらいまではしっかりと食べさせてあげてください。

■ドライフードに切り替えていく。

生後7ヶ月以降は、エサの内容を硬めのドライフードに徐々に切り替えていく時期です。ふやかして与えている場合、ふやかした時の硬さの具合を少しずつ硬めに変化させていきましょう。

◆生後7ヶ月の子猫のご飯の量

7ヶ月の猫は成猫ほどの大きさですが、まだ完全に成長しきってはいないので、ご飯の量はそこまで減らさなくていいようです。

目安となる摂取カロリーは「猫の体重」×「100~200kcal」くらいです。
上記のカロリーを目安に回数を分けて与えましょう。そして生後1年が近づいてきたらカロリーと与える回数を減らし、大人の猫が食べる量と同じくらいに近づけていきましょう。

ダイエットは成猫になってからでも遅くないので、一歳未満の子猫には健康に成長することを優先にご飯の量を減らすことなく栄養を与えましょう!

◆生後7ヶ月の子猫のご飯の回数

幼猫は消化能力が弱いので、少ない量を回数多く当たるのが良いとされています。

1日で3~4回与えましょう。ただし7ヶ月のころは上記のように回数を減らしてもよい時期なので、便の具合を見ながら回数を決めていきましょう。

最後に

いかがでしょぅか? 7ヶ月の猫というのは大人の階段を上りかけているシンデレラ状態です(オスも含む)。カロリーを十分摂っていても栄養が不足しているとご飯をせがんでくるので、栄養バランスに心がけながら大事な成長期を過ごさせましょう!

内容について報告する