夏を快適に過ごそう! フレンチ・ブルドッグのためのクールネック
出典 : branlmo /Shutterstock.com

夏を快適に過ごそう! フレンチ・ブルドッグのためのクールネック

フレンチ・ブルドッグは短頭種といって、鼻が平べったくつぶれている犬種です。基本的に犬は呼吸で熱を逃がして体温調節を行いますが、鼻呼吸がしづらい短頭種はその調節を苦手としていて、夏は熱中症に陥ってしまう場合もあります。大切な家族のために、きちんと暑さ対策を行いましょう。

  • サムネイル: 富士男
  • 更新日:

クールネックのメリット

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Annette Shaff/Shutterstock.com

犬種にもよりますが、基本的に犬は暑がりの傾向があります。人間はそこまで暑くないと感じていても、体温調節が難しい短頭種にとっては夏本番といった暑さを感じていることもあるのです。人間は汗をかいて体温を下げることができますが、犬はパンティングと呼ばれる、舌を出してハァハァとする行為でしか体温を下げられません。しかも、この方法は効率があまり良くないため、気をつけてあげないと、すぐに熱中症になってしまいます。

室内ではエアコンを使って温度調整ができますが、クーラーのかかった部屋に長時間いることで自律神経やホルモンのバランスが崩れ、血液の流れにも異常をきたす、通称「クーラー病(冷房病) 」になる可能性もあるので、ただ冷やせばいいというわけではありません。人間でも夏場はクーラー病にかかることが少なくないので、人間よりも体温調節が難しい犬の場合、そのリスクは高いと考えておきましょう。

エアコンが苦手な犬や、通院などで日中にどうしても外出する必要がある時などは、クールネックを使用するのがおすすめです。クールネックとは、首部分に巻いた布の中に保冷材などを入れ、冷やすためのアイテムのこと。犬の前側の首の付け根には太い動脈があるので、これを冷やすことで体温を下げることができます。

ただし、濡れたままのクールネックを長時間使うと、皮膚疾患を引き起こす場合があるので気をつけましょう。また、湿度が高い季節は細菌が繁殖しやすいので、よりいっそう注意が必要です。

クールネックの選び方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Eric Isselee /Shutterstock.com

クールネックを選ぶ時には、犬の首周りに合ったサイズを選びましょう。大きすぎると効果がなく、小さすぎると首が締まってしまうので危険です。首に巻いた際に、人差し指が通る程度のサイズが理想です。

クールネックには、保冷材タイプと水に濡らして使うタイプの2種類があります。保冷剤を入れるタイプは、つけた瞬間から体温を下げられるのが最大のメリットです。しかし、保冷材の重さが犬の負担となること、夏場は溶けるのが早いことがデメリットとなるでしょう。水で冷やすタイプは、公園などの水道水を利用すれば長くもたせることができます。ただし、保冷材ほどの効果はないのがデメリットです。

どちらがいいというわけではなく、両者にメリットとデメリットがあります。短時間の散歩であれば保冷材タイプ、長時間なら水に濡らすタイプを選ぶなど、使い分けると良いでしょう。

クールネックの注意点

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Angyalosi Beata/Shutterstock.com

クールネックは、犬の体温を下げる効果が期待できますが、それだけで熱中症を完全に防げるわけではありません。犬の体調や散歩時間によっては、クールネックを付けていても熱中症になってしまう場合があるので注意してください。

コンクリートからの照り返しが強い夏場は、第一に日中の外出を避け、日差しの弱い早朝や夕暮れ過ぎに散歩に出る、室内であればエアコンやサーキュレーターで室温を管理した上でクールマットを用意しておくなどの工夫をしましょう。

また、クールネックでの冷やしすぎにも注意が必要です。暑すぎるのも体調を崩す原因となりますが、冷やしすぎも犬の健康に悪影響を及ぼすため、さじ加減を間違えないようにしましょう。当然ながら、保冷材を犬の肌に直接触れさせることは厳禁です。

また、皮膚疾患のリスクを軽減するために、使用後のクールネックは乾燥させて清潔にしておきましょう。

犬は人間よりも暑さに弱い生き物です。大切な家族が熱中症にかからないよう、きちんと暑さ対策をしてあげましょう。クールネックはペットショップでも販売されていますが、作り方も簡単なので手作りする飼い主もいます。愛情たっぷりのクールネックを作って、フレンチ・ブルドッグの夏をより快適にしてあげてはいかがでしょうか。

内容について報告する