スコティッシュフォールドの価格の相場はいくらぐらい?

スコティッシュフォールドの価格の相場はいくらぐらい?

猫の中でも人気の高いスコティッシュフォールド。価格の相場はどのぐらいなのでしょうか?

  • サムネイル: u-tan
  • 更新日:

1.スコティッシュフォールドの価格について

猫の中でも人気の高いスコティッシュフォールド。気になるその価格はいくら位なのでしょうか?

スコティッシュフォールドの価格

スコティッシュフォールドの平均相場はおおよそ、10万円~20万円程。
中間業者を通さないため、ペットショップよりもブリーダーから直接飼う方が安いと言われていますが、それでも安くて10万円台。もちろん、あくまで平均相場ですので、猫ちゃんによってはかなり値が跳ね上がり、中には40万円近くなる場合もあります。

長毛・折れ耳は価格が高くなる?

スコティッシュフォールドと言えば、まず想像するのは折れ耳。しかし、その折れ耳の猫ちゃんの割合は意外に少なく1/3の確率なのだそう。つまり、「人気だけど貴重」ということで、折れ耳のスコティッシュフォールドは高価格になる傾向にあります。
また、短毛と長毛でも価格が違うと言われているようですが、ブリーダーサイトやペットショップのサイトでの価格では強い違いはさほど見受けられません。

耳について補足しますと、成長過程で折れ耳だったのに立ち耳になるスコティッシュフォールドもいるそうです。

2.スコティッシュフォールドの特徴と歴史

まるで犬のような猫

一言でいうと、「犬のような猫」。優しく穏やかで、とても人懐っこい子が多いようです。猫ちゃん飼い主さん以外の知らない人にはあまり興味を示さなかったり、避ける子が多いですがスコティッシュフォールドは自ら寄っていくほどの人懐こい子が多い傾向にあります。

見た目も可愛らしい上に、性格も愛嬌たっぷりなスコティッシュフォールド。人気の理由も納得ですね。

折れ耳は突然変異だった

スコティッシュフォールドの原産国はスコットランド。1961年にとある農家で生まれたスージーと名づけられた白猫がいました。そのスージーはいつまでたっても耳が折れたままでした。やがてスージーも出産をして子猫を生み、その子猫の中にも折れ耳の子がいたのです。そうして、折れ耳が遺伝するものと気付いた飼い主は、繁殖を計画・研究を始め、アメリカンショートヘアなどの猫と交配を始めました。これが、今のスコティッシュフォールドが誕生したキッカケでした。

スコティッシュフォールドの耳は、生まれたばかりの頃は立っています。その後、約1ヶ月程で折れ耳になるか立ち耳になるかが決まります。しかし、先ほど述べたとおり折れ耳だった子も立ち耳になることも。

スコ座りは出来るコと出来ないコがいる

スコティッシュフォールドは腰を抜かしたような独特な座り方をすることがあり、スコ座りと呼ばれます。実はこうした座り方をするのは関節の形成不全に原因があり、本能的に負担の少ない座り方をしているからだと考えられています。

折れ耳を持つ子はこのスコ座りをしやすい傾向にあります。逆に立ち耳の子はスコ座りすることは珍しいでしょう。

3.スコティッシュフォールドを家族に迎え入れるには

ペットショップ

ペットショップの経営も年々変化があり、お店によってはケージでの展示を取りやめ、極力犬や猫のストレスをなくすようにしていたり、定期健診を受けさせています。「購入したらそれで終わり」ではなく、購入後のサポート体制がしっかりしたお店も存在します。

そういったサポートの篤いお店を見つけることが、安心の第一歩になります。

ブリーダー

ブリーダーと言っても、ピンからキリまであるのが現状です。

優秀なブリーダーさんは愛情を込め健やかな猫を育て、飼い主さんに送り出しています。その一方で形成不全を抱えるスコティッシュフォールドのリスクを考慮せず、乱雑に交配させるようなブリーダーもいます。

ブリーダーさんを見分けるコツは、「実際に飼育現場を見ること」です。

里親になる

新しい飼い主さんを探しているスコティッシュフォールドを、家族として迎え入れることもできます。

最後に

ショップのみならず、他にも様々な出会いの場が存在しています。価格も大切ですが、お金を超えて「一目ぼれ」するような出会いがあるといいですね。

内容について報告する