猫の冬のお留守番には暖房必須? 猫の防寒対策について

猫の冬のお留守番には暖房必須? 猫の防寒対策について

冬に猫ちゃんをお留守番させるとき寒くないか心配ですよね。暖房はつけていくべきなのでしょうか?猫ちゃんのお留守番についてまとめました。

  • サムネイル: 秋月 落葉
  • 更新日:

猫ちゃんはとっても寒がりな動物です。冬に飼い主さんが留守の時に暖房はつけていくべきなのでしょうか?
家を空けがちな飼い主さん必見の、猫ちゃんの暖房グッズについてもまとめてみました。

1.猫に暖房は必要?

暖房は基本的には必要ありませんが、寒さ対策のものは必要です。

猫ちゃん用のベッドを窓や扉から離したところに置くのはもちろんのこと、毛布など保温性の高いものを用意してあげましょう。特に冷え込む真冬日などはペット用のカーペットなどを使ってもいいですね。

また、室内の温度差にも気をつけてあげましょう。人間でもそうですが、寒暖差が激しいと血圧の変動も大きくなり、体に負担がかかります。是非、暖房をきる時は暖かさを保てるものを、暖房をつける時は低音から始めるようにしてあげてください。

猫ちゃんは夏でも冬でも自分の過ごしやすいところを探すのが得意です。冬は太陽が出ている間日向ぼっこで暖まり、日が落ちたら毛布や寝床などで暖をとります。
暖房で部屋を暖めすぎると、猫ちゃんの毛が抜けてしまい寒さ対策ができないので、暖房の温度のあげすぎには注意が必要です。

2.冬に猫をお留守番させる時のポイント

・暖房を付ける際には20~23度ぐらいをキープする
・寝床は窓から遠ざける
・湿度は50%~60%ぐらいにしておく
・暖まれる場所を作る

心配で暖房や暖房器具をつけていくときは20~23度ぐらいに設定しておきましょう。昼間は暖かいので、タイマー機能があるエアコンなら日暮れにスイッチが入るように設定していくと効果的です。

猫ちゃんは毛皮があるから寒さも大丈夫、と思われるかもしれませんが、洋服を着ている人間が寒いと思うものは猫ちゃんも寒いです。人間の適温も猫の適温も、ほとんど変わらないと言われていますよ。ただ、子猫や老猫は体温調節があまりうまく出来ないので、そういった時は少し高く設定してあげるといいですね。

また、湿度が低いと人間も風邪にかかりやすいですが、猫ちゃんも体調を崩す可能性があります。是非、湿度は50%ほどを保つようにしてくださいね。

ヒーターなど直接熱を出すものは猫ちゃんが倒してやけどをする可能性があるので絶対につけたまま外出しないでください。

3.猫におススメの暖房グッズ

暖房器具としてはホットカーペットやエアコンなどが主流ですが、低温やけどや乾燥を招きやすいというデメリットがあります。
猫ちゃんにとって安全で温かい暖房器具を飼い主さんが用意してあげれば、冬も快適に過ごすことができます。

特におススメなのは安全な湯たんぽタイプです。レンジで加熱するタイプと通常のお湯を入れるタイプがあります。

様々なデメリットがある暖房と違い、湯たんぽなら長時間猫ちゃんが傍にいても適度な温かさを保ってくれるので安全です。
また、電気代もほとんどかからないため経済的にも優しいです。

通常の人間用湯たんぽでも全く問題がないので、すでに湯たんぽを持っている飼い主さんはそちらを使用してもよいでしょう。
保温効果はその日の気温により様々ですが、キチンとカバーで覆って毛布を掛ければ10時間程は効果があります。

まとめ

飼い主さんと同じく猫ちゃんにも暑さや寒さはつらいものです。猫ちゃんにとってより良い環境で生活し、お留守番ができるように飼い主さんはちょっとした心かけをしてあげることが大切ですね。

内容について報告する