冬の北海道では犬の散歩はできる? 犬種による向き不向き

冬の北海道では犬の散歩はできる? 犬種による向き不向き

北海道は冬が厳しく雪が降り積もる地域です。そんな中でワンちゃんを飼いたいという方もいると思いますが、そんな時に疑問になるのが冬の犬の散歩です。

  • サムネイル: 秋月 落葉
  • 更新日:

北海道は冬の寒さが厳しく雪が降り積もることで有名です。北海道在住の方でワンちゃんを飼いたいと思っている方は、冬の犬の散歩の負担を減らすためにも適切な犬種選びが大切です。

1.北海道に適した種類とは

・シベリアンハスキー
・柴犬
・秋田犬
・サモエド
・ゴールデンレトリーバー

などの毛が長く冬の寒さに強い犬種が北海道に適しています。

ワンちゃんは寒さに強い動物ですが、室内飼育用に品種改良されたチワワやパグなどの小型犬は冬の寒さに弱いです。北海道はマイナス20度になる日もあるので、冬の寒さに耐えられる種類のワンちゃんのほうが飼うのに適しているでしょう。

犬の散歩はとても大事な日課となります。北海道では冬に雪がなくなることはほとんどないので、雪があるからといって犬の散歩に行かないと運動不足や肥満の原因となります。冬の寒さに強いワンちゃんのほうが、飼い主さんが犬の散歩を行く際の負担を減らすことができます。

ただ、チワワやパグなどの小型犬を飼ってはいけないというわけではなくしっかりとした防寒対策をすれば飼うこともできます。

2.冬の北海道で犬の散歩をするときのポイント

・高カロリーの食事を与える
・犬の散歩から戻ったら体をふく
・室内飼いの場合は室内外の寒暖の差をつけすぎない
・犬の散歩は日中にできるようにする

ワンちゃんは冬に向けて皮下脂肪を増やすため、高カロリーなものを与えましょう。北海道などの寒い地域は特に冬に向けて準備が必要です。しかし動かないと肥満になってしまうので、必ず犬の散歩にはいきましょう。
吹雪や天気の荒れが見込まれる場合は無理に犬の散歩に行く必要はありません。日を改めて犬の散歩に行きましょう。

冬に北海道の犬を散歩する時は雪遊びの時間が多くなることが多いので、しもやけやあかぎれに注意します。犬の散歩から戻ったらワンちゃんの足や耳をヒーターやドライヤーなどで暖めてあげましょう。
小型犬の犬の散歩はあまり長時間雪で遊ばせないことが望ましいです。体が冷えすぎる前に暖めてあげましょう。

3.冬の北海道で使える便利グッズ

冬の北海道での犬の散歩には犬用ブーツが便利です。

北海道以外でも、犬の散歩の際にワンちゃんの足裏保護の目的でつけている飼い主さんもいます。雪道を歩くワンちゃんの肉球が冷えないようにすることができます。
様々な犬種に対応しており、足裏のサイズに合わせたものが販売されています。犬の散歩の際にワンちゃんが気にしないようなタイプのものを選ぶのがポイントです。また、防水かどうかを確認する必要があります。

小型犬の場合はコートを着せたりコートの内側に小さめのカイロを貼ったりして、北海道の冬の寒さに耐えられるような準備をしてからでかけましょう。これに犬用のブーツをはかせれば犬の散歩の準備は完璧です。
ワンちゃんが飲める程度のぬるま湯をもっていれば、犬の散歩の間に体を温めることができます。

4.最後に

冬の北海道の犬の散歩は飼い主さんも大変な日課ですが、雪の中遊ぶワンちゃんを見るのはとても癒されます。冬が厳しい北海道だからワンちゃんが飼えない、と思わずに種類を考えて飼ってみてはいかがでしょうか。
チワワなどの小型犬も飼い主さんがよく考えて、運動ができるようであれば冬の北海道でも暮らしていけます。飼う際には飼い主さんが気を付けてあげてくださいね。

内容について報告する