猫は寒いと食欲が旺盛になる! 肥満対策も忘れずに

猫は寒いと食欲が旺盛になる! 肥満対策も忘れずに

寒い季節になると猫ちゃんが食欲旺盛になった! という飼い主さんが多いと思います。ご飯をあげすぎると肥満の可能性もあります。気を付けるべきことを知って寒い冬を乗り切りましょう!

  • サムネイル: 秋月 落葉
  • 更新日:

目次

1.猫は寒いと食欲旺盛になる
2.食欲旺盛になって太らないために
3.もし寒いときに食欲がなかったら

寒い季節に猫の食欲が旺盛になった、という経験をした飼い主さんはいると思います。実は、それはごく自然なことで猫ちゃんが寒い季節にむかって準備をしているんです。

1.猫は寒いと食欲旺盛になる

猫が寒い季節に食欲が旺盛になる理由としては以下のものが考えられています。

・皮下脂肪を蓄えて寒い季節に耐えるため
・寒いとエネルギーを使うのでその補充のため

多くの猫ちゃんが暑い季節は食欲が落ち、寒い季節には食欲が増すという傾向にあります。
寒い季節に急に食欲旺盛に食べ始めても、猫ちゃんにとっては自然なことなので心配はいりません。基本的にご飯を元気に食べているうちには健康だということです。

2.食欲旺盛になって太らないために

食欲旺盛だからといっていつも以上にご飯をあげたり、高カロリーのものばかりをあげていると肥満の原因になります。
寒い季節に自然と食欲旺盛になっているだけであって、活動量は暑い季節よりもずっと落ちるので飼い主が運動を心がけてあげなければいけません。

肥満にならないために気を付けるべきポイント

・高カロリーフードを与えない
・おやつなどの間食を与えない
・水分をよく取らせる
・十分な運動をさせる

老猫である場合を除き、寒い季節には高カロリーフードを与えないようにしてカロリーを調節しましょう。いつも高カロリーフードを与えていると食欲旺盛のときに肥満の原因となってしまいます。
寒い季節はは水分が不足しがちなので、猫ちゃんの水飲み場を増やすなど対策をします。運動量が増えれば自然と水分を摂るようになるので、寒い季節には飼い主さんが猫ちゃんと積極的に遊んであげてください。

3.もし寒いときに食欲がなかったら

もし寒いときにいつもより食欲がないようだったら、病気の可能性が考えられます。
少しでも心配や不安がある場合には、自分で判断はせずにかかりつけの動物病院に相談してみるといいでしょう。

食欲がないときに考えられる病気

・消化器系(口や胃などの炎症)
・猫風邪などのウィルス性の病気

寒い季節には空気が乾燥して病原にかかりやすくなります。室内飼いの猫ちゃんでも飼い主さんが外からくっつけてきたウィルスで風邪を引いたりすることがあります。
いつも以上に食欲がないな、と思ったら食欲不振以外の症状がないかを探してみてください。食欲がなくなると体力が落ち、病気に対する抵抗力がなくなってしまいます。寒い季節には特に注意が必要です。

4.肥満にもご注意を!

猫ちゃんが寒い季節に食欲旺盛になるのは寒さに耐えるためなので、必要以上にご飯を与えすぎず肥満を予防しましょう。
ふっくらと太った猫ちゃんも可愛いですが、太りすぎると病気を招くことになるのでご飯の量はほどほどに調節することが大切です。

内容について報告する