ラブラドール・レトリーバーの性格や飼い方、しつけについて知って、もっと仲良くなろう

警察犬や盲導犬としても活躍するラブラドール・レトリーバーは、とてもやさしく賢い犬種です。今回はラブラドール・レトリーバーの性格や飼い方、しつけのポイントについて紹介します。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:電話どうぶつ病院Anicli(アニクリ)24 三宅亜希院長

ラブラドール・レトリーバーの性格

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Rin Seiko/Shutterstock.com

ラブラドール・レトリーバーはその名の通り、鳥猟師の仕留めた獲物を、水中に入って回収する回収犬(レトリーバー)として活躍していました。19世紀に入りイギリスに渡ると、優秀な鳥猟犬としても重宝されました。

やさしくて穏やかな性格

ラブラドール・レトリーバーは、とても穏やかな性格をしています。そのため、小さな子どもがいる家庭でも安心して飼うことができます。充分にしつけをすれば、老若男女問わず、最高のパートナーとなってくれるでしょう。

とても社交的

ラブラドール・レトリーバーは縄張り意識が薄いため、ほかの犬や飼い主以外の人間にも友好的に接することができます。警戒心も強くないため、番犬には向いていません。また、騒音や周りの気配などに過剰に反応して無駄吠えをすることもほとんどないので、家庭犬として飼いやすい犬種です。

遊ぶことが大好き

ラブラドール・レトリーバーは基本的に穏やかな性格の犬種ですが、元気いっぱいで遊び好きな一面もあります。かつては水中回収犬として活躍していたこともあり、今でも水遊びが大好きです。運動不足によるストレスを回避するために、散歩や遊びの時間を充分に確保してあげましょう。

学習能力が高い

警察犬や介護犬としても活躍しているラブラドール・レトリーバーは、学習能力が大変高く、しつけがしやすい犬種です。また、知的好奇心が高いため、しつけに頭を使うような遊びを取り入れてあげるのもおすすめです。

ラブラドール・レトリーバーとの付き合い方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

manushot/Shutterstock.com

スキンシップの時間をたくさんとろう

ラブラドール・レトリーバーは遊ぶことが大好きで、飼い主や家族と寄り添いたがる犬です。そのため、愛情たっぷりにスキンシップをとることが大切になります。家族が長い間家を空けるような家庭には、あまり向かないといえるでしょう。

室内で飼えるかどうか検討が必要

ラブラドール・レトリーバーは成長すると平均体高が50cmを超える大型犬なので、室内で飼育する際には、犬がくつろいで過ごせるだけのスペースを確保する必要があります。また、転居が必要になった場合、大型犬を飼育できる賃貸物件は多くないので、最期まで面倒をみることができるか、しっかりと検討した上で家族に迎えましょう。

適切な食事量と運動量が必要

飼い主が食事量をしっかりコントロールしなければ、肥満になってしまうことがあります。肥満は様々な病気を引き起こす原因となるため、食事の与え方には充分な注意が必要です。

また、作業犬としてのルーツを持つラブラドール・レトリーバーは運動量が豊富です。運動不足による肥満を防ぐためにも、毎日の散歩を習慣にしましょう。

ラブラドール・レトリーバーのしつけ・トレーニング

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Marina Plevako/Shutterstock.com

ラブラドール・レトリーバーは学習能力が高いので、しつけはしやすいといわれていますが、仔犬の時期は相当にやんちゃです。ハメを外して遊んで、物を破壊してしまうことも少なくありません。

また、頭が良いだけに、吠えた時に構ってしまうと、「吠えると飼い主が来てくれる」と学習してしまうこともあります。一度覚えてしまったことはなかなか矯正できないので、仔犬の時期からしっかりとしつけに取り組むことが大切です。

信頼関係を構築する

ラブラドール・レトリーバーのしつけを行うにあたって重要なのは、犬と飼い主との間にしっかりとした信頼関係を築くことです。ラブラドール・レトリーバーに信頼してもらう秘訣は、飼い主がラブラドール・レトリーバーにとって魅力的なパートナーになることです。

ラブラドール・レトリーバーにとっての魅力的なパートナーとは、ずばりブレない人です。同じことをしても褒めてくれる時もあればそうじゃない時もあったり、いつもは禁止されていることが飼い主の都合で許可されたり…そうした一貫性のない行動はラブラドール・レトリーバーを混乱させてしまいます。一つのルールを決めたら、それを飼い主都合で変えないことが大切です。

「待て」と「おすわり」は確実に

ラブラドール・レトリーバーは、大型犬です。そのため、ラブラドール・レトリーバーが飼い主にとって望ましくない行動をとった時に、「待て」や「おすわり」の指示できちんと制止できるかどうかが重要になります。

飼い主がラブラドール・レトリーバーの行動をコントロールすることができなければ、ラブラドール・レトリーバーはじゃれついているつもりでも、ほかの犬や人間にケガをさせてしまうおそれもあります。どんな状況でも、飼い主の指示に従って「待て」と「おすわり」ができるように、仔犬の頃からしっかりとしたしつけを行いましょう。

遊びの要素を取り入れたしつけ

ラブラドール・レトリーバーは頭が良く、作業犬として活躍してきた犬種なので、頭やカラダを使うゲームの要素をしつけに取り入れるのも効果的といわれています。物を取ってこさせたり、ルールのある遊びを教えたりすることで、犬も楽しく訓練することができるでしょう。

もちろん犬の性格には個体差があり、付き合い方のポイントやトレーニングのしやすさも様々です。お迎えしたラブラドール・レトリーバーとしっかり向き合って、楽しいドッグライフを送ってください。

内容について報告する