冬の犬のお留守番に暖房は必要? 寒さ対策はしっかりと

冬の犬のお留守番に暖房は必要? 寒さ対策はしっかりと

冬に飼い主さんがいるときには暖房をつけるかもしれませんが、犬に留守番をさせる時は暖房はどうしていますか? 犬によってはしっかりとした冬への対策が必要です。この記事では冬の暖房と寒さ対策について紹介しています。

  • サムネイル: 秋月 落葉
  • 更新日:

目次

1.冬の留守番に暖房は必要?
2.留守時に暖房をつけていく際の注意

冬、犬にお留守番をさせる際に暖房をつけていますか? この記事では留守番中に犬に暖房は必要なのかどうかをまとめています。

1.冬の暖房は必要?

留守番で暖房が必要な犬と、不要な犬がいます。

暖房が必要な犬

・チワワ
・トイプードル
・マルチーズ
・パピヨン などの小型犬

シングルコートと呼ばれる毛の層が薄い犬種は冬に弱く、留守番中に暖房を付けていかないと寒さで風邪を引いてしまいます。
また、小さな子犬や老犬なども体温管理ができないため冬には暖房が必要になります。

暖房が不要な犬

・シベリアンハスキー
・ゴールデンレトリーバー
・サモエド などの大型犬

原産国が冬に寒い地域だった犬は寒さに強いためお留守番の際にも暖房は不要です。ダブルコートと呼ばれる毛が二層構造になっている犬なので冬の寒さにも十分耐えることができるからです。
反対に暑さには弱いので注意が必要です。

2.暖房をつけていく際の注意

・温風を直接体に当てない
・涼しい場所も作っておく
・湿度を下げない
・ヒーターなどは使用しない

エアコンの暖房の場合は、どうしても床に近い低い部分が温まりずらくなってしまいます。
必要に応じて、サーキュレーターなどの空気を循環させる工夫をすると良いかもしれません。

冬は空気がとても乾燥しています。暖房をつけるとさらに空気が乾燥してしまいます。寒い時期は風邪を引かないように注意してあげることが必要です。留守番の間は加湿器をつけていきましょう。
犬が暖房を倒してケガをしないように、ハロゲンヒーターなどの直接熱を出す暖房器具は留守番の間につけるのは控えましょう。

寒さに強い犬の場合は、留守番は毛布を敷いて暖かくした場所を作ってあげるだけで十分です。暖房をつけるとかえって暑がってしまうこともあるので、自分で体温調節ができるようにしてあげましょう。

オススメの暖房器具

・湯たんぽ
・サーキュレーター

湯たんぽは暖房に頼らず長く暖かさが持続するのでオススメです。低温やけどの心配もないので冬のお留守番には大活躍します。
せっかく暖房をつけていても暖かい空気が上にたまることのないように、サーキュレーターを設置して空気をかき混ぜることも大切です。

寒い冬の季節に家で待っている愛犬のためにも暖房をつけて、快適な空間でお留守番させたいですね。

内容について報告する