トイ・プードルは寒さに弱い? 快適に過ごせる冬の室温と防寒対策

フワフワとした被毛が暖かそうなイメージのトイ・プードルですが、寒さには強い犬種なのでしょうか。今回は、トイ・プードルの寒さに対する耐性や、冬の防寒対策について解説していきます。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:ますだ動物クリニック 増田国充院長

トイ・プードルは寒さに弱い犬種

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Jagodka/Shutterstock.com

結論として「トイ・プードルは寒さに弱い」犬種です。フワフワの被毛が寒さから身を守ってくれそうですが、見た目と保温性にはあまり関係がありません。

犬の被毛には、シングルコートとダブルコートの2種類があり、トイ・プードルをはじめとしたプードル種はすべてシングルコートに分類されます。被毛が二重構造になっているダブルコートは保温性が高いので外気の影響を受けにくいのですが、シングルコートは被毛の密度が少なく、外気の影響が肌に伝わりやすいという特徴があります。

また、トイ・プードルは小型の犬種なので、基本的に地面に近い場所で活動することになります。暖かい空気はどんどん上に登っていくので、地面に近い場所を歩いているトイ・プードルは、より冷たい空気を感じてしまいます。

犬はもともと野生下で生きていた動物なので、気温の変化に強いと思われがちですが、人間との共同生活に慣れ、室内で飼育されることが多くなった現代の犬は、寒暖の差に対する耐性が弱くなってしまいました。そのため、飼い主が犬に気温の変化をあまり感じさせないような工夫をして、犬の体調管理をする必要があります。

トイ・プードルに最適な冬の室温

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

xieyuliang/Shutterstock.com

それでは、トイ・プードルにとって快適な冬の室温とはどれくらいなのでしょうか。一般的には20~25℃前後が適温とされていますが、快適と感じる温度には個体差があるので、愛犬に合わせて微調整をする必要があります。

また、冬場は暖房の影響で空気が乾燥しやすくなるので、人間同様、トイ・プードルも体調を崩しがちです。加湿器を用意したり、室内に濡れタオルを干したりすることで、60%くらいの湿度を保つようにしましょう。

トイ・プードルが快適に冬を過ごすには

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Nukul Chanada/Shutterstock.com

トイ・プードルに冬を快適に過ごしてもらうには、どのような点に注意してあげればよいのでしょうか。まずは寒さ対策として、犬用のヒーターやホットカーペットなどの暖房器具や、毛布を用意してあげましょう。

とくに、飼い主が留守にする間は、天候の影響で急に室温が下がってしまうことがあるので、専用のヒーターやホットカーペットで室温の調整を行ってください。また、上述の乾燥対策も同時に行います。

トイ・プードルをケージで飼育している場合は、ケージそのものに寒さ対策を施すという方法もあります。ケージの中に毛布や座布団を設置したり、ケージの周りをダンボールや毛布で囲ったりすることで、ケージの中の保温性を高めることができます。この時、ケージの中が密封状態にならないように気をつけましょう。

また、トイ・プードルに服を着せるという方法も有効です。とくに、冬の散歩は外気によりカラダが冷えやすいので、暖かい服を着せてあげることで寒さをしのぎましょう。最近はフリースやダウンなど、様々な素材の服が市販されているので、愛犬に合った素材のものをセレクトしてください。

ただし、留守中に服を着せておくと、暑くなった時に体温調整がしづらくなり、体調を崩してしまう場合があるので避けた方が無難です。さらに、服を着た場合は毛玉ができやすくなるので、こまめなブラッシングを心がけてください。

トイ・プードルは、数ある犬種の中でもとくに寒さに弱い犬種です。そのため、冬には飼い主が、充分な寒さ対策をしてあげなければなりません。寒い冬を元気に乗り切るために、しっかり防寒対策をしてあげましょう。

内容について報告する