いざというときに役立つ! 飼い主さんと犬のための防災グッズ

災害時は様々なものが不足します。特にペットであるワンちゃんのものは、人間の物資よりも後回しにされがちです。できるだけいつも通りに過ごし、ワンちゃんにストレスがかからないようにするためにも、日頃の準備を怠らないようにしましょう。

  • サムネイル: PECO編集部
  • 更新日:
動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Eduardo Lopez/Shutterstock.com

災害時には様々なモノが不足し、人間用の物資ですら足りなくなることが多いです。そんな中、ペット用の物資などは特に届くのが遅くなり、足りなくなるということもあります。避難生活の中で、愛犬にストレスをかけないためにも、防災バッグには必要なものを入れておきましょう。

1.まずは飼い主さんが優先! 飼い主さんのお役立ちグッズ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Africa Studio/Shutterstock.com

ワンちゃんのためのグッズをそろえるのも大切ですが、まずは飼い主さんのものを揃えることが重要です。飼い主さんに必要なものが不足して、体調を崩せば、その分ワンちゃんも不安に駆られたり、お世話が行き届かなかったりします。

人への救援物資は比較的早く届きますが、それでも防災バッグの中には飼い主さんのためのものも入れるようにしましょう。余分に入れておけば、ワンちゃんのために役立つものもあります。

衣料品

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Photographee.eu/Shutterstock.com

■ヘルメット・防災頭巾
■羽織るもの
■下着
■軍手
■毛布

衣料品は体温を下げないためにも、とても重要です。ヘルメットや防災頭巾は、建物の倒壊などによる瓦礫から頭を守ってくれます。避難生活中はいつ洗濯ができるかもわからないので、羽織るものや下着などは多めに持っておきたいですね。

災害時は手を保護するために軍手が重宝されます。怪我をしないためにも、余分に入れておきましょう。毛布などは寒さをしのぐことができる他、犬のために使ったりすることもできます。

また、余分に持っている衣料品は裁断すれば包帯代わりになったり、ロープ代わりになることがあります。できるだけ丈夫な洋服で、肌の露出が控えられるものを選び、バッグに詰めておきたいですね。

食料品

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

rangsan lerkngam/Shutterstock.com

■飲料水
■レトルト・インスタント食品
■缶詰食品
■お菓子

断水などがあることを想定して、飲料水は多めに用意しておきましょう。量としては、1人1日3リットルが目安とされていますが、ワンちゃんがいることも考慮しておきましょう。レトルトやインスタント食品、缶詰などは火を使わなくても食べることができる上に、軽くて持ち運びもしやすいので、入れておきたいですね。

日用品

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

absolutimages/Shutterstock.com

■懐中電灯
■ナイフ・缶切りなど
■救急セット
■ポケットティッシュ
■生理用品
■ラジオ

停電や夜間の活動などには、懐中電灯が便利です。手に持つタイプのものが一般的ですが、頭に装着できるものを用意しておくと、両手を空けることができるので便利です。ナイフ、缶切り、電池など細かいものは見逃しがちですが、1つ持っておくと非常に便利です。

緊急セットやポケットティッシュなどは、飼い主さんだけでなくワンちゃんの手当てに使うこともできます。ただ、人間の薬はワンちゃんには強すぎるので、傷口の消毒や洗浄程度にとどめるようにしてくださいね。女性の場合は、生理用品を一式持っておくと不足したときに困りませんし、緊急時は包帯の代用品としても使えます。

ラジオやスマートフォンは災害の情報や、避難所の情報を手に入れるために必要なツールです。電源が確保できないことによる電池切れなどもあるので、手回し充電器などを使って充電できるようにしておくと安心です。また、スマートフォンの場合は、携帯バッテリーなども忘れないようにしたいですね。

その他

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Arunas Gabalis/Shutterstock.com

■洗面用具
■裁縫道具
■ローソク・マッチなど
■ロープ
■新聞紙

バッグにまだ余裕があるようなら、これらのグッズを詰め込んでみましょう。特に裁縫道具などは、洋服などの修繕や何かをつなぎ合わせるのに使えます。ローソク、マッチは明かりや暖を取るのに役立ちますし、ロープなどは何かを固定するときに使用できます。

また、新聞紙は非常に使用用途が多いため、あると便利です。ワンちゃんのトイレシートなどが無くなってしまった際に、代用することもできます。

2.これだけは入れておきたい! ワンちゃんのための必需品

食料品

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

TierneyMJ/Shutterstock.com

■いつも食べているフード
■飲料水
■簡易食器

救援物資が届けば、ペット用のフードが届くこともありますが、ワンちゃんがいつも食べているものが届くとは限りません。慣れない避難生活のせいで、ワンちゃんが見慣れないものを食べないこともあります。そんなときに困らないよう、ある程度はワンちゃんがいつも食べているフードを用意してあげる必要があります。

3~2週間程度食べていける量のフードがあれば安心です。飼い主さんの荷物の多さなどの兼ね合いを見つつ、どの程度の量を持っていくのか決めましょう。飼い主さんと併用でも構わないので、飲料水も用意します。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Jaromir Chalabala/Shutterstock.com

食料は一度用意したらそのままではなく、きちんといつでも使えるようにメンテナンスを行うことが大切です。半年に一度はフードの入れ替えを行い、できるだけ新鮮なものを用意するようにしたいですね。缶詰よりはドライフードが軽いので、ドライフードが好きなワンちゃんの場合は、そちらを多めに入れておきましょう。

また、意外とワンちゃん用の簡易食器が手に入らないこともあります。近年ではシリコンゴムで、折りたためるタイプの犬用食器なども販売されているので、1つカバンに入れておくと安心です。

トイレ用品

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Gladskikh Tatiana/Shutterstock.com

■トイレシーツ
■スコップ
■処理袋
■消臭スプレー

飼い主さんが意外と苦労するのが、ワンちゃんのトイレです。トイレの始末をきちんとしないと、避難している周りの人にも迷惑がかかりますし、不衛生な状態を作り出す原因にもなります。

まずはいつも使用しているトイレシーツがあれば、それを多めに用意し、使用しましょう。ワンちゃんによっては、散歩のときしか用を足さない、という子もいるようですが、避難所の外がいつも散歩できる状況とは限らないので、室内でもトイレができるようにしつけておきたいですね。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Vitaly Titov/Shutterstock.com

トイレシートが不足してしまったときに便利なのが、スコップです。土を掘れば排泄物を埋めることができるので、緊急用のトイレとして使用できます。適切な場所に埋めないとかえって迷惑になることがあるので、周囲の環境に配慮して、場所はよく見極めるようにしましょう。

消臭スプレーは排泄後のニオイを消すことができるほか、ワンちゃんの体臭を軽減するのにも使用できます。避難所ではペットが苦手な人もいるので、ニオイや鳴き声に関する配慮は通常時以上に行うようにしましょう。

お散歩用品

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Jaromir Chalabala/Shutterstock.com

■首輪・ハーネス
■迷子札
■リード
■犬用の靴・靴下

首輪やハーネス、リードはワンちゃんとはぐれないための命綱ともいえるものです。必ず防災バッグには入れるようにして、予備も用意しておきたいですね。同時に、飼い主の連絡先などを書いた迷子札なども常に首輪につけさせて、万が一はぐれても再会できるように備えておきましょう。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

jessicakirsh/Shutterstock.com

家から避難をする際、避難所から散歩に行きたい場合、ワンちゃんの足を守ってくれる靴や靴下が必要です。ガラスなどが割れ、地面には尖ったものが散乱しているため、ワンちゃんが足を怪我して歩けなくなることがあるので、普段から靴や靴下に慣れさせ、バッグの中にも用意しておくようにしましょう。

ポータブルケージやスリングバッグ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

PongMoji/Shutterstock.com

■折り畳みできるケージ
■スリングバッグ
■犬用の抱っこひも

中型・小型犬に限られてしまいますが、折り畳みできるケージやスリングバッグなどがあると、ワンちゃんと一緒に避難する際に非常に便利です。特に、スリングバッグや抱っこひもなどは、飼い主さんとワンちゃんの距離が近く、安心することができるのでおすすめです。

避難所では個別のケージに入れられることになります。そんなとき普段から慣れているケージを使用できれば、ワンちゃんの不安も少しは解消されることでしょう。いざというときに出すのではなく、日常的にケージに慣れさせ、安心できる場所だと教えることが大切です。

おもちゃやブラシ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Inna Astakhova/Shutterstock.com

■お気に入りのおもちゃ
■ブラシ
■ノミ避け薬
■ドライシャンプー

避難所で暮らしているワンちゃんは不安でいっぱいです。見知らぬ人やペットの中で、過度のストレスを感じているため、体調を崩すこともあります。そのストレスを少しでも軽減するためにも、ワンちゃんのお気に入りのおもちゃやおやつなどをバッグに入れておくようにしましょう。

自分の匂いが付いたものがあれば、ワンちゃんは少しは安心します。不安からくる無駄吠えなどを防ぐことにも繋がるので、ストレスが発散できるようなものをバッグに入れておきたいですね。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Annette Shaff/Shutterstock.com

それと同時に、ワンちゃんの体をケアするものも必要です。特に抜け毛は、犬アレルギーの人には迷惑になるので、ブラシなどでこまめにケアして抜け毛の飛び散りを防ぎましょう。できればノミ避けなどの薬も一緒に入れておくと、より安心です。

同じように、体臭などを軽減するため、水を使わなくても良いドライシャンプーなども使用しましょう。飼い主さん自身が気にならないニオイや抜け毛は、周りの人にとっては迷惑になることもあるので、気を付けておきたいですね。

その他

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Kuznetsov Alexey/Shutterstock.com

■犬の写真
■常備薬・健康手帳

ワンちゃんの写真は、ワンちゃんが迷子になったとき、捜索するために役立ちます。近年はスマートフォンなどに写真を保存している人も多いですが、充電がない、携帯が壊れた、などで使えない可能性があります。紙媒体の写真も合わせて用意しておくと良いですね。

持病を抱えているワンちゃんの場合、災害時は薬が思うように手に入らずに困る可能性もあります。長期的に飲まなければならない薬がある場合、獣医さんなどに相談して多めに処方してもらい、予備を防災バッグに入れるようにしておきましょう。また、ワンちゃんの健康手帳も入れておくと、避難先で獣医さんに診察してもらったときにスムーズです。

3.防災バッグを作るときの注意点

一人で持てる重量にする

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

GEORGIJE/Shutterstock.com

防災バッグには様々なものを詰める必要がありますが、詰め込みすぎて重くなり、避難の障害になるようなら意味がありません。大人が持てる荷物の重量は6~8キロと言われているので、災害時に足場が悪かったり体力がなくなることを考慮しながら、できるだけコンパクトに、軽くなるように心がけましょう。

持っていくものが多い場合は、緊急時に持ち出す用のバッグと、避難所に避難した後に取りに来る用の2つめのバッグを作るなど、分割する工夫をしたいですね。

すぐに手が届く場所に置く

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Jaromir Chalabala/Shutterstock.com

せっかく作った防災バッグも、緊急時に手が届く範囲になければ意味がありません。玄関先などの手が届きやすい場所に置くようにして、定期的な検品なども欠かさないようにしたいですね。家族間で、だれがどの荷物を持ち出し、ワンちゃんは誰が確保するのかを決めておくと、より分担ができるようになり、避難がスムーズになります。

飼い主さんの物資以上に手に入りにくくなるペット用品。場合によってはペットを飼う人同士で交換しあうなどの協力をして、大切な家族であるワンちゃんを守りたいですね。そのためにも、飼い主さんとワンちゃんの日用品などの備えは万全にしておきましょう。

内容について報告する