猫の柄・模様の種類を紹介! 柄・模様と性格の関係は?

キジトラ、サバトラ、ハチワレetc…。猫の模様は種類も呼び名もいろいろ。珍しい模様の猫も見かけますが、性格とも関係があるのでしょうか?

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:ますだ動物クリニック 増田国充院長

猫の柄・模様は24種類

アメリカンショートヘアやスコティッシュフォールドなど、純血種の猫は今も人気がありますが、猫ブームにわく日本では、猫の柄・模様にも注目が集まっています。MIX(雑種)だからこそ、愛嬌たっぷりの模様やユニークな模様の猫が生まれるのですね。猫の柄・模様は24種類に分類されるといわれていますが、ベースとなる毛色のパターンは①白②黒③グレー④茶トラ⑤キジトラ⑥サバトラ⑦ミケ⑧サビの8種類。それに、①全身模様②白混ざり③トビ柄(柄が少ない)④薄模様の4種類を合わせ、24種類としているようです。それぞれ呼び名もついているので紹介しましょう。

白(白地×全身模様)

その名の通り、全身が白色の猫です。

黒(黒地×全身模様)

全身黒色の猫です。白い斑点(エンジェルマーク)を持つ猫もいますが、一見して黒ければ黒猫と呼びます。

グレー(グレー地×全身模様)

全身灰色の猫です。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 PHOTOCREO Michal Bednarek/Shutterstock.com

茶トラ(茶トラ地×全身模様)

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Nicola Bertolini/Shutterstock.com

茶色ベースの縞模様の猫です。

キジトラ(キジトラ地×全身模様)

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Pathara Buranadilok/Shutterstock.com

黒色と茶色の縞模様の猫です。「猫の柄の元祖」とされ、日本で一番多い模様といわれています。

サバトラ(サバトラ地×全身模様)

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Xseon/Shutterstock.com

黒色と灰色の縞模様の猫です。サバに模様が似ていることからそう呼ばれています。

サビ(サビ地×全身模様)

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 MR.WICHAI THONGTAPE/Shutterstock.com

黒色と茶色が混ざり合った猫です。

白黒(黒地×白混ざり)

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Peter Gudella/Shutterstock.com

白色と黒色の模様がはっきりと出ている猫です。額の部分の黒色が左右に分かれている「ハチワレ」と呼ばれる猫もこれに当たり、末広がりなので、縁起がいい模様といわれています。

グレー白(グレー地×白混ざり)

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Spring song/Shutterstock.com

白色と灰色の模様がはっきりと出ている猫です。

茶白(茶トラ地×白混ざり)

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Radislava Olshevskaya/Shutterstock.com

白色と茶トラの模様がはっきりと出ている猫です。

キジ白(キジトラ地×白混ざり)

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 MR.WICHAI THONGTAPE/Shutterstock.com

白色とキジトラの模様がはっきりと出ている猫です。

サバ白

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 SilviaJa/Shutterstock.com

白色とサバトラの模様がはっきりと出ている猫です。

ミケ(ミケ地×白混ざり)

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Thy Le/Shutterstock.com

黒色、茶色、白色の3色の猫です。

白黒トビ(黒地×トビ柄)

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 M.Hedegaard/Shutterstock.com

黒色の模様が少ない猫です。

グレートビ(グレー地×トビ柄)

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Ivanova N/Shutterstock.com

灰色の模様が少ない猫です。

茶白トビ(茶トラ地×トビ柄)

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 rossella/Shutterstock.com

茶トラの模様が少ない猫です。

トビキジ(キジトラ地×トビ柄)

キジトラの模様が少ない猫です。

サバ白トビ(サバトラ地×トビ柄)

サバトラの模様が少ない猫です。

トビミケ(ミケ地×トビ柄)

白色の量が多く、黒色と茶色の模様が少ない猫です。

クリーム(茶トラ地×薄模様)

茶トラの模様が全体に薄い猫です。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

DragoNika/Shutterstock.com

グレートラ(キジトラ地×薄模様)(サバトラ地×薄模様)

キジトラ、そしてサバトラの模様が全体に薄い猫で、地のパターンが違いますが両方ともこう呼ばれています。

パステルミケ(ミケ地×薄模様)

黒色と茶色の色が薄い猫です。

グレーサビ(サビ地×薄模様)

サビの模様が全体に薄い猫です。

めったにお目にかかれない珍しい猫

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 k.nykyforova/Shutterstock.com

よく知られているのが、オスのミケ猫です。黒、茶、白の組み合わせの遺伝子はオスにならないため、メスばかり生まれることになります。まれにオスが生まれるのは、染色体の突然変異によるもの。同じ理由で、サビ猫もほとんどがメスです。ミケ猫やサビ猫のオスほど珍しくありませんが、逆にメスが生まれる確率が低いのが茶トラと茶シロ。これも、遺伝子が関係しています。

柄・模様によって性格が違うって本当?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Eric Isselee/Shutterstock.com

猫の柄・模様によって性格が違うといわれています。実際、猫の性格を研究している科学者もいますが、結論からいえば現段階では猫の柄・模様と性格の関係性を立証する根拠は見つかっていないようです。とはいえ、平安時代に書かれた枕草子にも猫に関する話が出てくるほど、猫と人間の間には深くて長い歴史があります。猫と関わった多くの人の共通認識としてそう伝えられてきたとしたら、あながち猫の柄・模様と性格はまったく関係ないとはいえないかもしれませんね。そこで、いくつか日本でおなじみの柄・模様ごとに猫の性格を紹介します。初めて猫を飼おうと考えている人は、参考にしてみるのもいいかもしれませんね。

キジトラ

日本で最も多い柄・模様で、昔から家猫として飼われていたせいか、人間に友好的です。甘え上手である反面、猫に対しては警戒心が強く、野性味があります。

茶トラ

臆病な気質を持っており、それを隠すために逆に攻撃的になったりすることも多く、ひとことでいえば「やんちゃな猫」です。

白猫

まとわりついて離れないかと思えば、近寄らせない態度をとったりする「ツンデレ猫」で、プライドが高いのが特徴です。

黒猫

穏やかな性格で、頭がよく、甘えん坊の猫です。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Eric Isselee/Shutterstock.com

ミケ猫

ほとんどがメスのミケ猫は、いわゆる「女王様」タイプ。わがままで、警戒心が強く、気分屋です。

白黒(ハチワレ)

人懐こくてやさしい猫です。一方、こだわりが強く頑固な一面もあります。

サビ猫

温和な性格の猫です。引っ込み思案で、知らない人を見ると隠れてしまいます。

猫の柄・模様は24種類といわれていますが、柄・模様の出方は様々。実際にはもっと多いような気がします。見た目や柄・模様に違いはあっても、やはり我が家の猫が一番! 飼い主ならだれもがそう思うのではないでしょうか。

内容について報告する