グレート・ピレニーズのお手入れ方法は? お手入れのやり方と頻度

従順で心やさしい性格のグレート・ピレニーズ。良きパートナーとして暮らすためには日頃のお手入れを欠かすことはできません。大型犬ならではの苦労もありますが、衛生面と精神面のケアのために、どうしてあげればよいのか見ていくことにしましょう。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:ますだ動物クリニック 増田国充院長

お手入れのポイント

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

schubbel/Shutterstock.com

犬のお手入れは衛生面のケアであるとともに、飼い主家族との大切なコミュケーションでもあります。こまめにやさしくケアをしてあげると犬も安心し、信頼を寄せてくれるようになります。ポイントを押さえながらしっかりとお手入れをしましょう。

グレート・ピレニーズのお手入れは、大型犬で力も強いので家族の協力が不可欠です。とくにシャンプーなどは家族総出でやるくらいの覚悟が必要かもしません。また、犬がそれぞれのお手入れを嫌がるようになってしまうと大変なので、仔犬の頃から慣れさせることを心がけましょう。お手入れが終わったら褒めたり、お気に入りのお菓子を与えたり、お手入れが楽しいものだと思ってもらえるように工夫が必要です。

毎日のお手入れ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Sergey Lavrentev/Shutterstock.com

グレート・ピレニーズの白くふわふわした被毛を保つためには、毎日のブラッシングが欠かせません。毎日は難しいという場合でも、週に2、3回は行ってください。グレート・ピレニーズはとくに抜け毛が多く、普段から部屋の中や車の中など、ありとあらゆるところに毛が落ちると思います。さらに換毛期になるとその量はさらに増えます。抜け毛を放置すると不衛生になり、皮膚病を発症してしまうこともあるので必ず取り除く必要があります。

獣毛ブラシや抜け毛専用のグッズを用いることで、作業は多少楽になります。無ければラバーブラシでも代用できますが、静電気が発生すると抜け毛が取れにくくなるので注意しましょう。最後にコームを使って仕上げてあげれば、美しい被毛を保つことができます。注意点は、力を入れてゴシゴシブラッシングしないことです。犬の肌を傷つけてしまう可能性があり、炎症や皮膚病の原因になるので、やさしいブラッシングを心がけてください。

定期的なお手入れ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

HelloRF Zcool/Shutterstock.com

シャンプーについては月1回程度で問題ありませんが、換毛期には2~3週間に1回程度に回数を増やしてあげてください。シャンプーをすることで清潔になることに加え、抜け毛を取り除くこともできます。ただ、シャンプーをし過ぎると必要な皮脂まで取り除いてしまうので、気を付けてください。

シャンプー後は、ドライヤーを使って被毛の水気がなくなるまでていねいに乾かしてあげましょう。半乾きの状態は皮膚が不衛生になり、雑菌が発生します。ただ、熱を嫌うので温風と冷風を交互に切り替えるといいでしょう。
また、暑さに弱いグレート・ピレニーズなので、月に1回程度のトリミングで被毛をすっきりさせましょう。ただし、かなり大きな犬種になるのでトリミングサロンによっては断られてしまうケースもあります。あらかじめカット可能なサロンを探しておくことをおすすめします。

グレート・ピレニーズには手足の爪の他に、足首辺りに狼爪(そうろう)という爪があります。手足にある爪は散歩や運動などで削れますが、狼爪は削れることがありませんので、月に1~2回は必ずケアしてあげてください。自信がない場合は獣医さんやトリマーさんにお願いすることもできます。

大型犬は普通のお手入れだけでも、他の犬種に比べて時間と労力を要します。しかし、しっかりケアすることで清潔さを保て、犬に安心感を与えることもできます。絆もより深まるので愛情をもって向き合い、長く共に暮らせるよう心がけてください。

内容について報告する