犬の腎臓病 考えられる原因や症状、治療法と予防法

老廃物を除去しおしっこを作る腎臓は、動物が生きていく上でとても大切な臓器です。この腎臓の機能が落ちてきている状態を腎臓病と呼び、その75%以上の機能が失われている状態を腎不全と呼びます。今回は、犬の腎臓病について解説していきます。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:ますだ動物クリニック 増田国充院長

犬が腎臓病になる原因

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Konstantin Maslov/Shutterstock.com

犬の腎臓病には、以下の2種類があります。

急性腎不全

急激に腎機能が低下し、すぐに処置をしないと命の危険がある腎臓病です。原因としては、出血や循環器系の異常により腎臓に十分な血液が届かないことや、炎症や毒素により腎臓そのものがダメージを受けていること、そして結石や腫瘍などでおしっこができない状態になっていることなどが考えられます。

慢性腎臓病

急性腎不全とは違い、数ヶ月から数年という長いスパンで腎機能が低下していく腎臓病です。初期症状はほとんどないのですが、機能が低下した腎臓はもとに戻ることはありません。慢性腎臓病の原因としては、食事とほかの病気が挙げられます。過剰なリンの摂取、カルシウムの摂取不足が腎結石の形成・腎組織の退化を招き、腎臓病につながります。また、糖尿病やがん、先天性・遺伝性疾患により引き起こされることもあります。

犬が腎臓病になった時の症状

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Lukasz Kochanek/Shutterstock.com

慢性腎臓病は初期症状がなく、気づいた時にはすでに腎臓病が進行している状態です。普段より水をたくさん飲み、おしっこに行く回数が増えてきた時には注意が必要です。その後、食欲が低下し、体重も減少、おしっこの臭いがなくなり口臭がきつくなるなどの症状が現れます。病気が進行すると、けいれんなどの神経異常が起こることもあります。

また、急性腎不全の場合はちょっと違い、カラダのだるさ、大量のよだれが出るほか、おしっこの回数が激減し、嘔吐や脱水症状などが見られます。どちらにしても、腎機能が低下している時は明らかに元気がなくなるので、いつもと違う感じがした時は動物病院に連れていきましょう。

犬の腎臓病の治療・予防方法

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Dora Zett/Shutterstock.com

慢性腎臓病は、血液検査・尿検査によって診断します。慢性腎臓病は進行性の病気であり、かつ初期症状がほとんどなく気づいた時にはかなり進行しているので、完治することがほとんどない病気です。治療方法としては、病気の進行を遅らせる「保存療法」と、病気の症状を軽減する「対症療法」があり、同時に行うことがほとんどです。

また、犬の腎臓病は食事療法も重要な治療方法になります。前述した通り、腎臓病は「リン」を過剰に摂取することで引き起こされる病気ですので、リンを制限した食事に変えることになります。低タンパク質の食事を推奨されますが、それだけでは十分な栄養が摂取できないので、鶏肉・豚肉・チーズといった良質なタンパク質で栄養を補います。

ほかにおすすめの食材は、リンが少ない白米・じゃがいもなどの炭水化物です。ただし、犬にとって消化しにくい食材なので、加熱したりして消化しやすくする必要があります。与える量にも気をつけてください。

そして何といっても一番大切なのは、異常が見られた時にすぐに対処することです。慢性腎臓病の場合はゆっくり進行するので、上記のような症状になかなか気づかないこともありますが、急性腎不全の場合は膀胱炎・膀胱結石などが原因の尿道閉塞によりおしっこができないことが要因になることが多いので、日頃からおしっこの色・量をチェックしておくようにしましょう。

また、慢性腎臓病の平均発症年齢は7歳といわれています。もちろん、どの年齢でも発症する可能性はありますが、犬の加齢とともに腎臓病のリスクは高まりますので、とくにシニア期に入っている犬を飼っている方は、定期的な健康診断を行うようにしましょう。近年では腎臓病の初期の段階から異常を検出できる検査方法が確立され、早期発見しやすくなりました。このように犬の健康を守る意識を高く持つことが、腎臓病の早期発見・治療につながるのです。

内容について報告する